オナ禁中の『一人の時間』『暇な時間』はリセットの原因!エロ禁も続かなくなる

オナ禁 オナ禁
断射塾~Majestic Academy モテる男のための禁欲マニュアル『断射プログラム』

オナ禁する際は『一人の時間』『暇な時間』を作らないようにしよう

オナ禁を中断しないようにするには、避けた方が良い事例がたくさんあり、その中で代表的なことは『一人の時間』『暇な時間』を可能な限り少なくするということがあります。。

暇な時間とはまあ一人で誰とも会わずにどこにも行かないときが多いかと。

そんな暇な時間を減らすということは、オナ禁を継続する場合の重大なキーポイントとすら呼んでもいいです。

自慰行為なんてものは、元より人の前だとできないために、いくら性欲があったところでする人はいないはず(変態は除く)。

仮にあなたが第三者に見られていたとして、自身にオナ禁したいといった考えを持ち合わせていなくてオナニーはしないはず。ていうかできないはず。……しないよね?

また、娯楽により多忙なときもオナニーなんてしようとも思わないはずですよね。

暇な時間というものは自分一人でいるときに生じやすいものですから、このページではなるべく一人にならない方法を書いていきます。

さて、一人の時間を排除することを目指した具体策を考えましょう。

はじめには自らの生活習慣を顧みてみましょう。

その日一日の中で、一人になり暇になりそうな時間を思い起こしてみるんです。

仕事や学校から帰ったあとや、週末や祝日なんかの休みは一人になりやすく暇にもなりやすいはず。

勤務時間終わったあとすぐに家に帰って一人になるのではなく、帰宅する前にどこかに寄り人目のある場所で暇を潰します。

そうして家に帰ったらあとは寝るだけという生活を続けるんです。

それだけで、オナニーしちゃう割合も低くなるというものです。

家にいて暇なときってネットでエロコンテンツを観てしまうことがありますよね。

それでも外出しているときなら、人の目があるからエロサイトも見ないし自慰行為だってしないはず。

オナニーしないと決めているのになぜか気づくとシコっている……なんてこと私にもありますから……。

完全エロモードに入るとオナ禁中だったなんてことどうでもよくなってオナ猿一直線ですから、エロモードに入らないためにも人の目というものは必要なんですよね。

生活習慣の変化だけでオナニーすることになる確率が驚くほど減ることになるんです。

一人になり暇になったときの行動原理を理解していれば「暇だからオナニーするか」という思考が生まれることもなくなるんですよ。

一人になると暇になりやすいために、オナ禁継続中(特に初期)はなるべく人の目のあるところに身を置くことにしましょうね。

いろいろ語ってきましたが、オナ禁を確実に成功させたいのならこんなオナ禁素人ブログの内容よりも断射塾モテる男のための禁欲マニュアル『断射プログラム』を試してみた方が早いのかもしれません……。 断射塾~Majestic Academy モテる男のための禁欲マニュアル『断射プログラム』

コメント